タイムプレッシャーで学習効果を上げる 

テスト対策期間は

学習効率も求められます。

テストの実施日が決まっているので

その日までにパフォーマンスを高める必要がありますね。

しかし

時間をかけて丁寧にじっくり学習する子がいます。

「丁寧にじっくり」

一見良さそうな響きですが

時間の経過とともに

集中力も切れてくるものです。

タイムプレッシャーを活用しましょう。

制限時間を設けて

時間内に勉強を完了できるように

脳に負荷をかけるのです。

脳は適度な負荷を好みますので

タイムプレッシャーによって

ドーパミンが分泌されます。

そのことによって

集中力も持続します。

目の前に時計を置いて学習したり

計算問題ならば

ストップウォッチで時間を計測したりすると良いでしょう。

また

きたのっ子たちには推奨していますが

今日1日で取り組むべき学習を

あらかじめリストアップしましょう。

つまり

Todo listですね。

後にやるべきことが残っていれば

自然と集中力も上がります。

そして

学習が終わったら

1つ目標が達成されるわけですから

ここでさらに脳内にドーパミンが分泌されます。

自己肯定感も上がりますから

一石二鳥にも三鳥にもなりますね。

テスト毎に

学習姿勢をアップデートできる!

素晴らしい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA