求めよ さらば 与えられん 

お子様を勉強に向かわせるのは

至難の業…

そうお思いのお母様は多いはずです。

でも

我慢強くアプローチすると

お子様の心の中から

「頑張ってみよう」

という意欲が湧いてくるのです。

お子様を勉強に向かわせるのは

お子様の中に

勉強ができるようになりたい!

という強い願望が芽生えることから始まります。

これこそが全ての始まりです。

「勉強しなさい!」

強く叱ることで

お子様は動いてくれる時もあるでしょう。

でも、

そのお声がけによって

お子様の心の中で

勉強に対するプラスのイメージを

抱かせることができるでしょうか?

勉強したらテストで100点が取れた!

勉強したことをお母さんが褒めてくれた!

授業で手を上げて発言したら

みんなから「すごいね!」と言われた!

そのようなことの繰り返しの中で

お子様の心の中に

「学力」に対する自信と自尊心が備わるのです。

では

お母さんは我が子に何をすることができるのでしょうか?

・勉強しやすい環境を与える。

・勉強したら行動を褒める

・勉強することで何を得ることができるのかを親子で日頃から語り合える環境を作る。

・テストでいい結果を出した時にはしっかり認めてあげる。

お子様の努力が実った時

「次も頑張ってみよう!!」という欲が芽生えます。

時間はかかるでしょうが

できることから始めてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA