学習前に夢日誌をつけていますか?

テスト勉強で自習室を利用しているきたのっ子たち

多くの子たちが

自習室の席に着席すると

真っ先に取る行動があります。

それは

夢日誌に今日取り組む勉強内容を書く

ということです。

この効果は

実際にやり続けてみないとわからないと思います。

かくいう私も

中学生の頃にはこの習慣を身につけていませんでした。

大学入試の時には

自作のtodoリストをつけていましたが

本格的に1日の行動計画をつけるようになったのは

21歳の頃からです。

あれから21年が経過し

1日の行動計画を事前につけておくのが

当たり前になりました。

たまに全く行動計画を立てずに過ごす日もありますが

一日の動きが鮮明に見えず

霧の中を車で走行している感覚になります。

すきっと見通せない分

今取り組むべきことに全力で集中できないんですよね。

こういうところで

集中力の差がパフォーマンスの差につながるんですよ。

一方

1日の予定を見える化しておけば

気になった時にいつでもチェックできます。

予定を何度もチェックしますから

確認するたびに今後のスケジュールが明確になります。

今取り組んでいる事を終える時間もはっきりします。

すると

頭の中にドーパミンが溢れて

さらに集中力が高まり

作業が捗るんですよね。

学習も全く同じです。

この習慣を

小中学生のうちから身につけることができるなんて

きたのっ子たちは幸せですよ。

まあ

本人が取り組んでくれれば…

の話ですがね苦笑

私は

実際に行動して素晴らしい効果をもたらすので

それをきたのっ子たちに伝えることしかできません。

ぜひみんなに取り組んでもらいたい習慣です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA