台風の中での授業進行

昨日の夜は大荒れでしたね!!!

教室で授業を行っていたら

ゴーゴーゴーゴー

換気扇から轟音が響いてきました。

中3の授業

6年ぶりの、中3生2学期からの入塾者にとっての初日の授業が

台風によるオンライン授業になりましたが

無事授業を始めることができました。

9人中8人がオンラインでの参加だった中

1人がリアル授業を受けに教室に来てくれました!!

あの暴風の中ありがとうございます!

でも

くれぐれも無理しないでくださいね〜

北海道の長い秋は

落雷などの危険性もありますし

冬は暴風雪になりますから

オンラインもお使いください。

ちなみに自習に来た生徒もいて

夕方に3人(中1が2名・中2が1名)

夜に3人(中1が1名・中2が2名)

夜のあの暴風雨の中、よく塾にたどり着きました・・・

昨日は国語と数学の授業を行いました。

数学の授業では

1人ひとりのノートの添削指導が入ります。

オンラインでもリアルと変わらない対応をしたい!

そんな思いで1年ほど前から実践している方式がこちら

iPadが7台並んでいます。

この後

YouTube用にもう1台セットしました。

これで

生徒たちも躊躇なくノートをカメラに写すことができます。

私もフィードバックすることができます。

まあ、リアルのスピード感には及ばないですが

かなりいいと思いますよ。

集団指導といえども

これが20人や30人のクラスでは難しいでしょう。

中3生は9人ですから

このくらいまでの人数ならば可能な方式だと思います。

中3生たちは

これからそれぞれ違った進路に進むことになります。

それぞれにあった対応が求められますので

塾のこれからの課題は

添削指導の精度を高めることになってきます。

どんな条件でも高い精度で添削できるシステムを作り上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA