iPodの生産終了

塾の欠席者対応に欠かせないのがiPodです。

私のipod touchは2年前に購入しました。

主に、いつも学習している心理学の音声講義を入れて

歩いているときに聞くために買いました。

もちろん、普通の音楽もこれで聴きます。

昨年、塾で使用していたビデオカメラが壊れてしまってからは

このiPod touchをカメラ代わりにして授業を収録してきました。

画質はそれほどよくないのですが

背面カメラなら普通に板書を見ることができるんですよね。

しかも、50分授業という尺の長さにも耐えうる128gbの容量。

まあ、時々ピントが合わなくて

授業後に取り直し!ということもあるんですが…

実際、今日もそんなことがありました涙

だから

インカメでもそれなりに画素数があり

生徒たちも塾で動画授業を受講する際に使用でき

お手頃価格で購入できるiPad第9世代を予約しているのですが

半導体不足によるのか、

一向に塾には届かないのです…

よって、もう少しiPod touchにお世話になるでしょう。

そんな中飛び込んできたニュース

「iPodが在庫限りで販売終了」

本来、ビジネスシーンで使用するというよりも

プライベートで楽しむ目的で使用することが多いはずのiPod touch

私はバリバリ仕事で使いまくっているので

このようなニュースはちょっとさみしいですよね…

まあ、わかるんですよ、

iphoneで十分事足りますからね。

いずれ無くなってもおかしくないデバイスだと思っていました。

しかも、若干チープ感が否めません。

カメラのピントボケが頻繁に出現することがまず挙げられますね。

しかし

音楽を聴いたりググったりするくらいなら性能的に問題ないので

長く使っていると愛情が湧いてきますよね。

できる限り長く使ってみようと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA